• 社葬という葬儀の形と役割

    近頃の葬儀は色々な形式が提供されていますが、近頃は価値観や、宗教観が多様化してきていて、その多様化に伴い行われる葬儀プランも幅が広がってきています。

    近頃の傾向としては、社葬の規模や、社葬にかける費用は縮小されてきていて、お別れの会や、合同葬の形式で執り行われることが多くなってきています。
    中でも中小企業は、割合費用を安くすることが可能な合同葬のプランを選ばれる傾向にあります。



    社葬は、会社の発展に貢献した創業者や、社長、役員、重役、業務を遂行している最中に亡くなった従業員などを称えるのために、遺族と、会社が一緒に執り行うと葬儀のことを指しています。

    社葬は、故人の魂を供養するだけでなく、会社の経営活動においては広報活動の1つとしての意味合いもあります。



    社会に会社が存続している意義を認めてもらうための活動の1つでもあるということになります。
    個人を供養する葬儀を執り行うときには、喪主は一般的に施主となりますが、社葬を執り行うときは、喪主と、施主は違う人になります。

    会社が費用を支払って、運営していくことにも責任を持っているため、施主は会社ということになります。葬儀委員長についても会社に所属している人間から代表者が選出されることになります。
    喪主は遺族を代表する人のことになります。


    社葬でトラブルが発生する可能性があることは、遺族と会社の関係に関することが挙げられます。



    社葬の主体となるのは会社になりますが、遺族の意思を確認したり、決定事項をまめに施主が報告する必要があります。

  • 基礎知識

    • 大切な家族の死という、出来事は人生の中でもトップクラスの衝撃的なことです。しかし、その際に次々に葬儀などの手続きがやってきます。...

  • 1から学ぶ生活

    • 家族が病院で亡くなったときは、葬儀を執り行うために病院から寝台車で遺体を安置所に搬送することになります。霊柩車は斎場から火葬場に搬送するときに使うため、病院から遺体を搬送することはありませんが、寝台車は遺体を病院から搬送だけでなく、斎場から火葬場に搬送するときにも使うことができます。...

  • 注目情報

    • 大切な方が亡くなると、遺族はその魂が本人の望み通りの形で成仏するように葬儀を執り行わねばなりません。その手法には様々なものがありますが、多くの場合、葬儀会社を活用して担当者から様々なアドバイスを受けながらお通夜や本葬に向けて手配を進めていくことになります。...

  • 知りたい生活事情

    • 家族葬や直葬など多様化する葬儀形態の中でも、最近注目を集めているのが貸切葬です。一般的に葬祭式場では複数の喪家によるお葬式が並行して行われますが、この貸切葬では1日に1組だけの限定で葬儀が執り行われます。...